舐め犬日記・20代後半人妻

舐め犬管理人の日記・20代後半人妻と出会った回想録

 

 

で、前回の講釈からの続きです。

 

ピシマ(PCMAX)で出会った人妻。

 

待ち合わせた場所に行くと…

 

白っぽい地味目のスーツ(でも高そう)

 

ショートボブ(少しブラウンカラー)

 

身長150後半くらい、ポチャでもガリでもなく中肉中背な感じ。

 

色白でマジで吉田羊さん系!

 

山の手にいる上品な人妻って雰囲気ピッタリ!

 

これはマジでキレイ系ですよ〜って興奮して早速声かけ。

 

(出会って声かけは男性から、って私のルールです。)

 

「○○さんですよね。」

 

女性「あ、はい…」

 

で、少し話していると・・・

 

もう早速ホテルに行きたいと!

 

恥ずかしそうな彼女の横顔は忘れられません。

 

後で聞いたんですが、食事したり飲みに行くのもちょっと恥ずかしいし、他人の目が気になるし〜て言ってました。

 

で、近くのホテルに行って二人っきり。

 

順番にシャワーを浴びて。

 

お互い1本ずつビールを開けて、少しリラックスしてお話しました。

 

やっぱ旦那さん(エリートサラリーマンらしい)が相手にしてくれない。

 

多分、浮気しているんじゃないかって毎日悶々としてたみたいです。

 

まあ、多いパターンですね。

 

会話して少し緊張がほぐれました。

 

頬がピンクになった彼女はホントに可愛いっす♪

 

ベッドに腰掛けてキスから首筋を愛撫。

 

このへんの感じ方は普通です。

 

推定Cカップ(?)の形のいいおっぱいを念入りにちゅぱちゅぱした後、私の唇はだんだん下へ。

 

おへそを過ぎるころ、彼女の息遣いは早くもあらくなってきました。

 

そして、舐め犬の極意、じらしクンニ。

 

アソコに近づいていって離れてって感じです。

 

彼女清楚系ですが、アソコの毛は結構濃い目です。

 

手入れを怠っているわけではないみたいですが、私は剛毛でも少な目でもなんでも味わいますので関係ない!

 

しかし清楚系人妻がマン毛ゴーモーだと、一周まわって興奮しまくります♪

 

で、クリちゃんを唇でソフトタッチで愛撫していると、

 

彼女の声がメチャクチャ大きくなってきたんです。

 

リズミカルに、そしてあくまでソフトタッチで。

 

舐め犬管理人・伝家の宝刀ですね。

 

彼女はそこまで丁寧にクンニされたことがないみたいで、ものすごい乱れようでした。

 

もちろんアソコもビチョビチョ。

 

タイミングを見計らってクリのを入念に舐めた後、口に含んでチューチューしてあげました。

 

そこで彼女は大好きポーズの王道、私の頭を両足の太ももでギュ〜って締め付けて何回もピクンピクン。

 

イキまくったみたいです。

 

そこで止まらないのが私の手、いや口と舌。

 

入念に何度も何度もクリちゃんから小陰唇、そしてアナルまで念入りに舐めて差し上げました。

 

ちなみにアソコとアナルはキレイなピンク色でしたよ♪

 

多分10回くらいイッたらもう意識が飛んで行ったみたいだし、私もなんかの刺激で笑射精しちゃったんでそこで終わり。

 

やっぱり最近旦那が相手にしてくれない。

 

性経験は少ない。

 

新婚当時はエッチが多かったけど男性本位のセックスしかしていないので、本当のエクスタシーを知らなかった。

 

クンニもほどほどしかされなかった、もっとしてほしかった。

 

そこで、私の様な舐め犬君を求めて、思い切って出会い系を使ったみたいです。

 

今でも月1〜2回は彼女と会っています。

 

もちご主人には絶対バレナイ時間帯に。

 

そして、清楚だった彼女も、私の調教で立派な飼い主様になりました。

 

デートのたびにいきなりホテルにいってクンニから始まることもあって…

 

嬉しいやら、ベロが疲れるやらで…(^^;

 

まあ、彼女が本当の快感に目覚めて幸せになってよかったって話なんですね♪

 

管理人おすすめの出会い系サイトって?

page top